手塚治虫は漫画の神様と言われる程有名で、アニメ・マンガの分野では知らない人が居ない人物です。
特にブラックジャックや鉄腕アトムなどは誰でも知る程の有名な作品でしょう。
しかし、その漫画は色々な実験や皮肉などが入っており、現代では中々表現がしにくい面もあります。
ブラックジャックなどでも海外の黒人の表現や発展途上国の現状をそのまま書いていたりして、その国の状況などを正面から書いている事でも有名です。
さらにこれらの漫画には隠れたテーマや皮肉などが入っているそうです。
陽だまりの樹では大きな大木などは中が腐っている事を表現していたり、鉄腕アトムでは原発を反対しているなど、後はブラックジャックでは医者は神ではなく一人の人間としての苦悩が書かれています。
これらの新しい表現をしている手塚治虫ですが、それまでに無かった色々な実験もしていました。
実験アニメーションなどを見た事ある人も居ると思いますが、今の技術ではない新しい技術を模索していたのが特徴です。
これらの挑戦的な考えや技術はこれからの新しい人にも取り入れてほしいですし、作品などもただ感動話だけではなく何かのテーマがありその漫画家の個性が出ている作品が増えると良いですよね。



ページのトップへ戻る