道を歩いている限り、交通事故のリスクが付き纏います。
歩行者同士が衝突しても、大きな怪我には発展しません。
しかし此方側が歩行者相、相手が車両だった場合は甚大な被害を負います。
トラックや大型車両に衝突された場合、最悪死亡事故になりますし、一般車に引かれるだけでも、大きな障害を負い兼ねません。
実際、事故が引き金となって後遺障害に認定される人々も多いです。
後遺障害認定を受ける、受けないによってその後の補償等はがらりと変化します。
当然認定は受けた方が有利です。
交通事故に遭遇した際は、手続きや作業を支援してくれる専門家に連絡を取り、手厚いサポートを受けながら、そういった難題に取り組みましょう。
素人対保険会社のスタッフでは、残念ながら前者の勝ち目はありません。
正確な補償を得るためには、老練なテクニックを持つ弁護士の支援が不可欠です。
保険会社のスタッフもお仕事なので、出来る限り被害を矮小化するべく動きます。
彼らが提示する条件にやすやすと応じるのは危険です。
必ず具体的な補償の話し合いをする際は、弁護士同伴で向かいましょう。
此方側にはプロの弁護士が居るんだぞ、という戦略的ブラフを利かせておけば、アドバンテージを持った形で交渉を進められます。



ページのトップへ戻る