私が住んでいたのは、室数40戸ほどの小規模マンションです。
単身者向けの物件が中心でしたので、働く女性の一人暮らしが多く、私もその一人でした。
管理組合役員は持ち回りですが、ある年ついに理事長の役割が回ってきました。
そのころ懸案になっていたのが、管理会社の見直しなんです。
入居当初から、管理人の勤怠や会社の対応などについて、住民からはいろいろな不安や不満が出ており、管理会社にも何度も交渉した経緯がありましたが、前任の理事長は、管理を変えてまた別の苦情が出ても、ということで、消極的だったのです。
でも私は、早いうちにマンション管理について見直さないと、管理費の面でもマイナスになってくる可能性があると思いました。
そこであるNPO法人に相談にいきましたところ、われわれの住む規模のマンションは、管理会社のうま味が少ないので、なんでもお座なりにされる可能性が高い、ということでした。
最初の管理会社は、施工ゼネコンの子会社であり、営業努力なしに仕事がもらえるために、手を抜くこともありえるそうです。
そこで、思い切って、新たな管理会社探しに動きました。
信頼できる管理人か、管理費の内容と運用、長期修繕計画の立案サポートなどを仔細に検討し、これから安心して長く暮らすことのできるパートナーとしての良い管理会社を見つけることができたと思っています。マンション管理・ビル管理の総合管理会社 三菱地所コミュニティ



ページのトップへ戻る