暖房に冷房にドライにと、エアコンはほんとうに大活躍する電気製品になってきましたね。
これだけ使っていると、もしかしたらエアコンの内部は汚れがたまっているかもしれません。
外部からは見ることができないけれど、見えない部分にカビなどが発生している場合もあるのです。
自分で掃除と考えても、電気製品は素人には難しいものがあります。
年に一度は電気機器の掃除のプロに、クリーニングを依頼するのもひとつの方法だと思います。
私は実際に毎年お願いしているのですが、いつも感心してしまうほど綺麗にしていただけます。
また、お掃除中も汚れている内部を見てもらうことができるので、こんなに汚れているのとびっくりしてしまいます。
スタッフさんはお部屋が汚れないように養生シートをひいて作業をされるので、そばで見ていても安心ですし、ほんとうに丁寧に隅々まで掃除してもらえるのでうれしいですね。
クリーニングの料金も見積もり通りだし、テキパキと仕事をされるので時間もそれほどかかりません。
それに、エアコンをクリーニングしてもらった後は、空気がきれいというか冷房の利きもよくなるみたいで、もしかして省エネにつながるのではないかと思っています。
自分で掃除しようと何度か思いましたが、最後はやっぱりお掃除のプロは違うと思ってしまいます。


ページのトップへ戻る