女性が社会に進出するのが増えたのと、晩婚化などにより不妊治療をする女性が増えていると言われています。
不妊症の理由はそれだけにとどまらず人それぞれで、ハッキリ解明されていない部分もたくさんあります。
どうしても子供が欲しいけど、卵管の問題や卵子の数が少ない、卵子の老化など、自分達だけではどうにもならない症例もあります。
しかし、日々の医療の進歩により以前に比べて、治療の幅も広がりつつあります。
日本では法の壁などもあり、まだ認可が難しい卵子提供という選択肢もその一つですが、なかなか決断するにあたり色んな問題とぶつかると思います。
異国での手術をする事への精神的不安や、金銭面の問題などさまざまですが、妊娠への可能性を信じ、渡航する人が増えています。
アメリカやヨーロッパ、アジア諸国で卵子提供の体制があまりまえのように整っているところが多いですが、同じ手術でも国によって金額が変わります。
間に入る仲介人が日本人がしているところも多いので、語学に自信がない人などは、そういう方達の手を借りるのもいいと思います。
卵子提供は、不妊治療の一つの手段として可能性が広がるものだと思います。
いつか日本でも、卵子の提供の設備が整う日が来ればいいと願っています。

ページのトップへ戻る