前田弘貴さんは、英語が得意な方です。
彼は学生時代にイギリスに留学していたことがあるそうで、そこで本格的な英語力を身に着けたのだそうです。
留学生時代はお金にこまったりなど色々と苦労もあったみたいですが、海外の生活を体験したことで、英語だけでなく海外の文化を知ることができて良い経験になったと話していました。
彼はその英語力を活かして、帰国後は外資系の企業で働いていたのだそうです。
その後、得意の英語をもっと活かせる仕事がしたいと思い外資系企業を退職して、自分の会社を立ち上げたのだそうです。
前田弘貴さんが立ち上げたのは、翻訳会社です。
最初は経営が上手くいかずに大変だったそうですが、現在では従業員も20人ほど雇うほどに、経営も順調みたいですね。
彼のように自分のやりたい仕事ができるというのは、素敵なことだと思いますね。
私は英語が全くできないので、前田弘貴さんを見習って海外留学に行ってみようかと考えています。

ページのトップへ戻る